わきがを治す方法・3つの選択肢

わきがを治す方法には、大きく分けて3つの方法があります。

@薬の服用により治す方法

A手術により治す方法
B薬用デオドラントで治す方法

 

まず、@とAは病院で医師の治療や指導により治していく方法です。
そして、Bは自分自身で消臭・殺菌をしながら治していく方法です。

 

病院での治療は、わきがの症状や程度によって薬にするのか手術にするのか治し方が違ってきます。
もちろん薬や注射だけで済めばいいのですが、手術となると通院の手間や費用など色々と大変ですよね。
そのため、自分自身で薬用デオドラントで治したいという人もいることでしょう。

 

そこで、わきがを治す方法として、どの方法を選んだら良いのかを紹介したいと思います。
薬による治療や手術、そして薬用デオドラント、それぞれの特徴やメリットデメリットを比べてみましょう。

病院で薬や手術でわきがを治す方法

まず病院での治し方は、わきがの症状の重さによって変わってきます。
「軽度」の場合には薬の服用や塗り薬で済ませることができますし、「軽度〜中度」ではボトックス注射という方法もあります。
しかし、「中度〜重度」になると汗腺の摘出手術が必要となり少し治療が大変になってきます。

 

塗り薬や飲み薬で治す方法(軽度)

「軽度」のわきがの場合には、塗り薬や飲み薬で済ませることができます。

この場合の主な目的や効果は制汗です。
「塩化アルミニウム液」という薬を脇の下に塗ったり、「臭化プロバンテリン」というお薬で汗を抑えます。
ただし、臭わない体質にするわけではありませんので勘違いしないようにしましょう。

 

ボトックス注射で治す方法(軽度〜中度)

注射による治療が用いられるのが「軽度〜中度」の場合です。
手術をするほどではありませんが、注射である程度汗が出なくなるように治療します。
ボトックス注射は、汗の量を減らす作用のあるボツリヌス菌というものを脇に注射するものです。
ただし、汗を抑えるのが目的で、わきがの臭いを消す効果はありません。
多汗症などにより臭いを拡散させやすい人に向いています。

 

手術により汗腺を除去して治す方法(中度〜重度)

この手術は、わきがの臭いの原因となる汗腺そのものを除去する方法です。

 

汗腺には脂質やタンパク質などの分泌液を出すアポクリン汗腺と、汗を出すエクリン汗腺の2つがあります。
わきがの臭いの原因は、アポクリン汗腺の出す分泌液が雑菌が混ざり合い臭いを発生させ、エクリン汗腺の出す汗がその臭いを拡散させるためです。

 

そして腋臭症の人は、普通の人よりも汗腺の分布量が多いため余計に臭いが強くなってしまいます。
そこで手術で臭いの原因となっている汗腺を取り除くことにより、わきがを治してしまおうという訳です。

 

ただし、この手術には幾つかの施術方法があり、それぞれ汗腺の除去の仕方や傷口の残り具合などが違います。

 

その手術の方法としては次のようなものがあります。

手術の方法 特徴 手術内容 保険
剪除法 直視下摘除法や皮弁法とも呼ばれる

最も効果が高く確実な治療法

ワキを3〜5cm切開して皮膚を裏返し、
アポクリン腺を目視しながら丁寧に取り除く
傷が1本残るため縫合技術の差がでる

適用
皮下組織吸引法 脂肪吸引のように汗腺を吸引する方法

30分程度と時間もあまりかからず、
傷も小さく比較的簡単に行える

ワキを数ミリ切開しアポクリン汗腺などを吸引

除去率40〜50%程度なので効果は少ない
エクリン腺は除去できず多汗症には不向き

適用外
超音波吸引法 超音波メスで汗腺を破壊して吸引する方法

30分程度と時間もあまりかからず、
傷も小さく比較的簡単に行える

アポクリン腺とエクリン腺の両方除去できるので、

多汗症にも効果がある
超音波メスは熱を発生するため冷却しながら治療

適用外
皮下組織削除法 完治率が高く再発の心配が少ない方法

専用器具を使い目視しながら汗腺を除去
手術には2時間程度かかる

皮膚を3〜4cm切開し2つの汗腺を除去

臭いと多汗に効果があるが高い技術力が必要
術後の回復に時間がかかる

適用

 

治療にかかる費用は?

治療にかかる費用は、病院や手術方法、そして保健適用の可否により違ってきます。
大まかな目安として紹介しておきますので参考にしてみて下さい。

  • 剪除法:3割負担の場合、3万円〜5万円程度
  • 皮下組織吸引法:おおよそ15万円〜25万円程度
  • 超音波吸引法:おおよそ15万円〜25万円程度
  • 皮下組織削除法:3割負担の場合、3万円〜5万円程度

 

わきがを治す手術方法には上記のように色々な種類があります。
わきがの症状の程度や多汗症を伴うのかどうかにより手術方法も違ってきます。
また、再発するかどうかや傷跡が残るのかどうかなども判断基準になると思います。
どういった手術が良いのか、費用はどのくらいかかるのかなど、医師と相談しながら決めるようにすることをオススメします。


薬用デオドラントで治す方法

わきがを治す方法として薬用デオドラントは最も手軽にできる消臭・殺菌方法です。

 

薬用デオドラントは殺菌成分や制汗効果でわぎがの臭いを抑えることができます。
長期的な持続性はありませんが、一時的に臭いを抑える効果があります。
そのため時間が経てばまた臭ってきますので、繰り返しデオドラントを使用する必要があります。

 

ただし、自分でいつでも必要な時に臭いを抑えることができるので、
簡単で手軽という点では一番良い方法ではないでしょうか。

 

たとえば、注射や手術となると怖さや不安がつきまといますし費用も高額になってきます。
手術も施術方法によっては永久的ではなく再発する可能性もあります。
しかし、薬用デオドラントなら一時的ではありますが臭いを抑えられますし不安も一切ありません。

 

そのようなことから、手術に抵抗があるという方に薬用デオドラントはとても人気があります。
わきがを治す方法としてデオドラントを検討してみてはいかがでしょう。

 

薬用デオドラントのメリット・デメリット

薬用デオドラントでわきがを治す方法には、やはり幾つかのメリットとデメリットがあります。
そのような点を理解した上で使うようにしましょう。

 

メリット

・今すぐ臭いをなんとかしたいという時に便利

・気になる時にいつでも使える
・費用が安くてすむ
・通院などの面倒がない

 

デメリット

・わきがが完治するわけではない
・長期的な持続性に欠ける
・毎日使うという面倒がある

 

このように薬用デオドラントは、「一時的な効果」という点を除けばメリットは多いと思います。
速効性があり、安くて手軽に使えるので、わきがで悩む人には強い味方ではないでしょうか。

 

わきがを治す方法の一つに手段として薬用デオドラントを選んでみるのも良いでしょう。
そこで、売れ筋の薬用デオドラント商品をいくつか紹介しておきたいと思います。

 

売れ筋!オススメ薬用デオドラント商品

肌に優しいわきが対策クリーム【医薬部外品】
わきが・わき汗に消臭・防臭・制汗効果
乾燥肌・敏感肌にもやさしい無添加処方
柿タンニン倍増で99.99%殺菌!
日本製、100日間返金保証
チューブタイプ、容量35g
通常価格:7,980円、定期コース4,980円送料無料

 

>>> 詳しくはこちら

わきが専用デオドラントクリーム【医薬部外品】
わきがの臭いと汗を抑え原因菌を99.99%カット!
敏感・乾燥肌にも優しい無香料・無添加処方
肌に優しいだけでなく、使用感も長時間持続
日本製、120日間の返金保証
プッシュ式ボトルタイプ、容量30g
通常価格:8,600円、定期コース4,960円送料無料

 

>>> 詳しくはこちら

サラサラで無臭な消臭クリーム【医薬部外品】
保湿・消臭・制汗の3つのケアをこれ1本で!
ナノ化された有効成分で99.9%殺菌!
もちろん無添加で肌にもやさしく敏感肌もOK!
日本製、90日間返金保証
プッシュ式チューブタイプ、容量24g
通常価格:8,560円、定期コース5,700円送料無料

 

>>> 詳しくはこちら

プロが認めたわきが用デオドラント【医薬部外品】
プロ仕様の速攻殺菌で臭いを撃退!
ニオイと制汗の有効成分をWに配合し99.9%殺菌
無添加、天然成分配合で子供や敏感肌の方にも!
わき、足だけでなく全身のニオイ対策に使えます
チューブタイプ、容量30g
通常価格:7,980円、定期コース3,990円送料無料

 

>>> 詳しくはこちら

 

◆薬用デオドラントクリームを選ぶポイント◆

 

売れ筋の薬用デオドラントクリームを紹介しましたが、どの商品も成分や効果が似通っていて、実際にどれが良いのか迷われると思います。
「99.9%の殺菌力」、「無添加で肌にやさしい」、「天然成分配合」、「全額返金保証」など、どれも同じような内容で決め手にかけるのではないでしょうか?

 

そこで、選ぶポイントを紹介します。
【選ぶポイント】
容器の形状、内容量、返金保証の期間、金額の4つをチェックしましょう。
@容器は直接手に触れるチューブタイプだと不衛生ですので、プッシュタイプを選びます。
A内容量は多いほうが良いのですが金額との兼ね合いをチェックしましょう。
Bしっかりと返金保証が付いていて、しかも期間が長いものが安心です。
C金額がお手頃な価格で、定期コースがいつでも止められるものが安心です。


上記のような条件をトータル的に判断した場合に「NOANDE(ノアンデ)」が最もオススメです。

 

外観もワキガ用クリームと分かりづらく、まるで化粧品のようなデザインです。
しかも、プッシュ式なのでとても衛生的で内容量も30gと1ヶ月分たっぷりと使えます。
持続力も長く、朝ケアしておけば1日中効果が持続するので安心です。
そして、何といっても120日間の返金保証が最大の魅力ではないでしょうか。
定期コースのお値段も手頃ですし、定期コースの回数の約束もありません。
いつでも好きな時に止められるので無理をせずに安心して使うことができます。

 

ワキガ用のデオドラントクリーム選びに困った時はこちらの商品をチェックしてみましょう。

 

>>>NOANDE(ノアンデ)の詳細はこちら

 


 

 

最後に一言

わきがを治す方法は色々ありますが、根本的に脇の臭いの主な原因は汗と雑菌です。
汗そのものには臭いはありませんが、垢や分泌物などで繁殖した雑菌に汗が混ざることで臭いを発生します。
汗はどちらかと言うと臭いを拡散させる役目をしているとも言えます。
ですから、わきがを治す方法としては臭いと汗の療法の対策が重要になってくる訳なのです。
もちろん、わきがの症状の重さによって治し方が違ってくるとは思います。
軽度の場合は、病院での薬の治療や薬用デオドラントで一時的ではありますが治すことができるでしょう。
そして、中度〜重度の症状では医師と相談して手術で治すようになると思います。
汗腺の除去手術であれば長期的に臭いの悩みからは開放されます。
ただし、少なからずとも傷跡が残りますし、何といっても怖さや不安があります。
それに保健適合の可否にもよりますが高額な費用が発生します。
どうしても手術に抵抗があるという方は、無理をせずに病院の薬や薬用デオドラントで治す方法を実行してみてはいかがでしょうか。
いずれにしても自分ひとりで悩まずに、一度医師と相談されることをオススメします。